Projects

archi sphere

2007、熊本県

山奥の別荘の計画。
周囲は木々で囲われ、建物が建つ部分だけ上方にぽっかりと空が見える以外何もない。そういった状況から、外形として、立方体を採用した。
内部には、球形の空間がぎりぎりの大きさで納められ、立方体と球の隙間には、それぞれの機能的な空間が、仕切りなく配置されている。
普遍的な幾何学形態の立方体と球の組合せで生まれる空間、そして建築。
それらは、空に向かって空いた穴を通して、(普遍的な)世界へと繋がっていく。


■別荘
敷地面積:427.26
建築面積:34.22
延床面積:68.44
地上1階建て
木造

DSCN6759.jpg

INTERIOR_HOLE.jpg